2020年04月18日

カリンの月命日 モア君の思い出

DSCN0104.JPG

カリンの月命日。
2歳の頃の若いカリン。この頃は毛がフサフサだったね。

DSCN0110.JPG

この頃は私の職場で暮らしていたカリン。
一緒にいた仲間のワンコ、モア君とブラット君。

conv0029.JPG

今日はロングダックスのモア君の思い出。
モア君はカリンより2歳くらい年上。
大柄で落ち着いたボスの風格の男の子。

conv0003.JPG

カリンのお兄ちゃんだったね。
生後2か月でやってきたカリンの遊び相手をしてくれた。

カリン、子犬の頃はけっこうヤンチャさんで、
ダーっと走ってモア君に突撃~~
床にコテンと転がって、また突撃~って遊んでいた。

モア君は自分は本気になったりせず、
小さなカリンを優しく見守るように相手してくれました。
今思うと、頼れる兄貴だったね。

カリンが大きくなってからは、2ワンで追いかけっこ。
ブラット君が来てからは、3ワンで追いかけっこ。
ブラット君はいつも追われる役で、
モア君が追いかけて、カリンが先回りして待ち伏せして連携プレー。
にぎやかで楽しかったね。

DSCN0013 (2).JPG

風格のあるモア君。
でも一緒に寝ていたら、いつの間にか私の枕で一緒に寝ていて
目が合うと「デヘっ!目が合っちゃった~」って顔して、
お茶目なところもありました。

conv0009.JPG

昔の携帯電話の小さな画像しかないけど。
カリン、モア君にくっついて安心して寝ているね。

conv0071.JPG

ダンボールのベッドが大好き。
いつも変な恰好で寝てました。

conv0068.JPG

せまくても一緒に入って寝ていたね。

conv0082.JPG

conv0005.JPG

お茶目なモア君。

モア君、ブラット君は完全に子分扱いだったけど、
カリンには怒ったことがなかった。
可愛い妹と思っていたのかな。

2004年の4月、カリンが2歳の時、
モア君とカリンの間に赤ちゃんが生まれた。
カリンのダーリンだったね。

でも、それからしばらくして私はその職場を去ったので
モア君ともお別れになってしまった。

その後、モア君は6歳くらいの時突然死してしまった。
直前まで、職場でブラット君と追いかけっこして遊んでいて元気だったのに。
モア君の飼い主が職場から出かけて車を運転していると、
突然モア君の吠える声が聞こえた。
その人は普段から霊感の強い人で、
胸騒ぎがして戻ってみたら、もう亡くなっていたのだそう。
病院では腸捻転かもと言われたそうだけど、原因は解らなかった。

モア君の遺骨、少しもらってきて
今も大切に持っている。

モア君はカリンのお兄さん、お友達、家族、ダーリン。

ボスの風格で、でもお茶目だったモア君。

お空でもカリンの優しいお兄さんでいてくれてるのだろうな。




posted by シロップ at 00:00| Comment(0) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください