2020年03月18日

カリンの月命日 ブラット君の思い出

DSCN0108 (2).JPG

カリンの月命日。
写真は2歳くらいの、まだ子供っぽいカリン。
そして、その頃一緒に暮らしていた
ワイヤーダックスのブラット君。

DSCN0097.JPG

カリンは最初、私の職場で暮らしていた。
職場には他にもダックスがいて、
先輩犬のロングダックス「モア君」と、
後からやって来た後輩犬の「ブラット君」と、
みんなで楽しく過ごしていね。
今日はカリンの弟分だったブラット君の思い出を。

DSCN0101 (2).JPG

カリン、まだあどけなくて可愛いね。
ブラット君ともすぐ仲良くなって、兄弟みたいに暮らしていた。

DSCN0009 (2).JPG

ブラット君とくっついて寝ていたね。

その頃仕事が忙しくて
あまりワンコ達にかまってあげられなかったけど、
みんなで追い駆けっこしたりプロレスごっこしたりで
仲良く遊んでいた。

ちゃんとした「しつけ」もしてなくて
ほったらかしな感じだったけど、
ワンコはワンコ同士で面倒みたり先輩が後輩に色んなことを教えたり
それぞれちゃんと生活してた。
カリンはもともと性格の良い子だったし、
私は何もしなかったのに、お利口に育ってくれたね。

ワンコ用ベッドなんて無くて
ダンボールのお家だったけど、喜んで入って寝ていた。
遊び疲れたらダンボールのふちにアゴを乗せて、
仕事をしている私を眺めていたカリン。
優しいお顔で眺めていたね。
今も思い出すよ。

DSCN0117 (2).JPG

ブラット君は甘えん坊で小心者で、
誰かが出かけたらドアの前に寝転がって
ずっと「フ~ン、フ~ン」言ってるような子だった。

やせっぽちで神経質でビビリ君。
アッシュと似ているけど、
物静かなアッシュと違って、
なんだかいつも落ち着きなくてせわしない感じだったね。

ワイヤー同士だし、
カリンとブラット君の間に赤ちゃんができればと思って
トライしたこともあったけど、
どうにもブラット君がヘナチョコで、うまくいきませんでした。

DSCN0008 (2).JPG

とってもリラクスして寝ているカリンとブラット。

その後、仕事の都合でモア君とブラット君を残して
その職場を離れることになった。
モアとブラットのことが気がかりで、
ワンコ達のためにぎりぎりまで頑張ったのだけど・・
ごめんね、と何度も謝りながら、
泣く泣く去らなくてはならなかった。
私しか、ちゃんと世話できる人がいなかったのに。
モア君は6歳くらいで突然死してしまい、
多分ブラット君も長生きはできなかったでしょう。

DSCN0032 (2).JPG

あの頃の、あどけない寝顔のカリン。

モアとブラットの分もと思って、
カリンとアッシュは大事に大事に可愛がった。
モアとブラットの分まで、カリンは長生きしてくれたね。

虹の橋で、またモア君とブラット君と追いかけっこしてるかな。
懐かしいい写真を見ながら、そんなことを想っているよ。

posted by シロップ at 17:00| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする